2016.03.15

焼肉ランチ「298 Kitchen(ニクヤキッチン)」尖沙咀(チムサーチョイ)

焼肉ランチは298 Kitchen(チムサーチョイ)

尖沙咀(チムサーチョイ)のキャメロンロードにある焼肉屋さん298 Kitchen(ニクヤキッチン)でランチ!香港BSから徒歩1分ほどの距離にあり香港BSスタッフと度々ランチに訪れています。

カフェのようなお洒落な内装の298 Kitchen。とても広いお店なので大勢でも少人数でも食事を楽しむことができますし、香港BSではお仕事関係の方と一緒に訪れることも良くあります。

さて、ランチ価格ですが、85香港ドルから150香港ドル程度となっていて、倹約生活を送っている私は、毎回85香港ドルのビーフカレーセットを注文しています。

298 Kitchenのビーフカレーセット

ビーフカレーセットは、味、ボリュームや価格など全てにおいて大満足です!美味しいカレーソースの中にゴロゴロと大きな肉がいくつか入っていて、更には小さな小鉢にも牛タンが入っていたりと、さすが焼肉屋さんのランチセットといった感じです。

ビーフカレーセット以外にも、牛丼、メンチカツ、石焼ビビンバ、冷麺セットなど豊富なランチメニューが揃っています。もちろん焼肉屋さんですからカルビセットやハラミセットなどの網で焼けるお肉メニューも豊富です。

以前、日本から来た友人と298 Kitchenでランチをしましたが、日本よりもおいしい!香港に来たら中華じゃなくて298 Kitchenで焼き肉だ!なんて言い残して帰っていった友人もいるくらいバツグンの味を提供されています。

香港BSおすすめです。

≪ 298 Kitchenの場所と情報 ≫
住所(中国語):尖沙咀金馬倫道48號中國保險大廈3樓

住所(英語):3/F, China Insurance Building, 48 Cameron Road, Tsim Sha Tsui

OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/restaurant/tsim-sha-tsui-298-nikuya-kitchen/470620

香港BS T.Oより
2016.03.11

寿司ランチ「三笠屋」尖沙咀(チムサーチョイ)

三笠屋 尖沙咀(チムサーチョイ)

今日のランチは香港BSの真向かえ、尖沙咀(チムサーチョイ)のキャメロンロードにある三笠屋さんに行きました。

今日は香港BSのスタッフ4名で伺いましたが、普段は1人で行くことが多く、「仕事の疲れを癒したい、自分へのご褒美、大将から元気をもらいたい」。こんな時に本山大将のお店「三笠屋」さんでランチをして気分の入れ替えをしています。

そして今日も、私の中の定番「寿司うどんセット(価格:170香港ドル)」を注文しました。高級店と言われるお店の中でもコストパフォーマンスが最高です。

三笠屋のお寿司 三笠屋の絶妙なうどんと天ぷら

赤酢を使ったシャリ、新鮮なネタ、大将の真心こもった握りは言うまでもなく絶品ですが、私の一番のお気に入りは実は「出汁の利いた透き通ったうどん」と、絶妙なあげっぷりの「天ぷら」!食べたことのない方は一度でいいから食べてみて欲しい美味しいうどんです。さすが元割烹料亭の料理人!といった感じです。

そして寿司うどんを食べ終わると、「コーヒー、紅茶、デザート」から好きなもの1つが選べます。他の店だとコーヒーを選ぶ私ですが、三笠屋に限っては必ずデザートをオーダーします。三笠屋のデザートはおいし過ぎて、写真撮影の前に食べてしまいました。

寿司うどん以外にも様々なランチメニューがあるので好みのランチを選んでみてください。値段は120香港ドル~450香港ドルくらいまでとなっています。

≪ 三笠屋の場所と情報 ≫
住所(中国語):尖沙咀金馬倫道23-25A金馬倫廣場2樓B室

住所(英語):Shop B, 2/F, Cameron Plaza, 23-25A Cameron Road, Tsim Sha Tsui

OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/restaurant/tsim-sha-tsui-mikasaya-sushi-restaurant/461133?tc=sr1

香港BS T.Oより
2016.03.03

最高のローストビーフ「Lawry’s(ロウリーズ)香港」中環(セントラル)

Lawry's(ロウリーズ)香港

美味しいローストビーフが食べれる中環(セントラル)にあるアメリカンレストラン「Lawry’s(ロウリーズ)香港」にいってきました。

元々アメリカに住んでいたお客様から、香港にLawry’sがある!ロスに住んでいた時によく行ってたので一緒にいこう!と誘って頂いたので喜んでついていきました。

店内は、日本のホテル内にあるフレンチレストランという雰囲気を感じ、落ち着きのある大人なムードが漂っていましたが、堅苦しいとまでの雰囲気ではありませんでした。

そして、私がオーダーしたのは写真にある「The Lawry Cut」という300~400グラム程のローストビーフ。ローストビーフの塊がテーブル近くに運ばれカットしてくれる演出も見応えありです!

マッシュポテトなどのサイドディッシュもセットとなっていて選べるのでThe Lawry Cutだけでお腹いっぱい。

ローストビーフは柔らかくてとにかく美味しかった!大満足です。

Lawry's(ロウリーズ)香港のローストビーフ

Lawry's(ロウリーズ)香港のカットマン

ローストビーフ、シャンパン2本、ワイン2本、食後のデザートで大体一人あたり1,500香港ドル程度のお会計だったと思います。

特別な日にローストビーフが食べたくなったら、またLawry’sに行きたいと思います。

Lawry’sの場所はセントラルMTRのJ3出口から徒歩3分程度です。ハチソンハウスビルの2階にあります。

≪ Lawry’s(ロウリーズ)香港の場所と情報 ≫
住所(中国語):中環夏愨道10號和記大廈2樓201B

住所(英語):Shop 201B, 2/F Hutchison House, 10 Harcourt Road. Central, Hong Kong

サイト:http://www.lawrys.com.hk/

地図:http://www.lawrys.com.hk/findus.html

香港BS T.Oより
2016.02.26

エジプト料理「The Nile Egyptian Flavours」中環(セントラル)

エジプト料理ナイル

先日、中環(セントラル)のハリウッドロードにある「The Nile Egyptian Flavours(ザ ナイル エジプシャン フレーバー)」というお店に行ってみました。名前が「ナイル」ですよ。完全にエジプトですね。

どんな料理だろうと思いながら、お店のおすすめを注文。

アラカルトのプレートには、カボチャやひよこ豆のペースト、チーズ、中東のコロッケなど盛りだくさん。チキンカレーはレモンが効いていて、さっぱりしたお味。ご飯ではなくクスクスをあわせるところがThe中東。(あっ、クスクスは北アフリカ発祥でした)

クスクス

頼んだミントティーは砂糖たっぷりで、爽やかなミントの中に甘ったるさがパンチきかせてました。エキゾチックなデザインのポットで雰囲気満点。

店内には水タバコも道具もずらりと並んでいて、遅い時間にはこちらも楽しめそうです。

お値段は少しお酒を飲んで、一人あたり200~300香港ドル。お店に日本語が分かる香港人スタッフさんがいて、楽しいひと時でした。

≪ ザ ナイル エジプシャン フレーバーの場所と情報 ≫
住所(中国語):中環蘇豪荷李活道26號地舖
住所(英語):G/F, 26 Hollywood Road, Soho, Central

OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/restaurant/central-the-nile-egyptian-flavours/168750?tc=sr1

香港BS K.Kより
2016.02.26

Yahoo知恵袋の香港BSの評判

先日、香港BSのニュースでYahoo知恵袋に「香港BSの評判」と題して、当社を高く評価いただいた投稿があったとお伝えしました。

投稿をおこなってくれた方の目星はついたので感謝の気持ちを伝えたところ、「香港BSのことを悪く書いてある悪質投稿を見つけたので、力になれることも有るんじゃないかと思い事実を書いたんですよ。」と。。。

当社が全く知らなかった新事実が発覚するという事態・・・。悪質な投稿内容とやらを調べてみたところ、悪質どころの騒ぎではなく、当社スタッフ一同「頭の中がはてなマーク(???)」になるような謎の投稿を発見。

当社に対しての嫌がらせ以外のなにものでもない、事実無根、且つ名誉棄損のどっぷりの内容であったことから、念のため香港BSブログで説明したいと思います。

Yahoo知恵袋の悪質な投稿内容を覗いてみると、2015年12月13日に香港BSは詐欺ですか?というタイトルで、見ず知らずの会社と抱き合わせで投稿がおこなわれていました。

そして2015年12月13日の同日に「詐欺だそうですよ」と投稿され、ベストアンサーを付けて、第三者から投稿ができないようにガッチリ固められていました。自作自演の悪質投稿感が満載。

今から、この悪質投稿に反論していくことに対して、私は何をしてるんだろう・・・と思ってはいますが、皆様に誤解を与えないためにも説明をしていきます。

香港BSの業務内容はホームページに書いてあるとおりですが、香港進出を考えている会社や進出済みの会社に対して、バックオフィス業務(設立、ビザ、会計など)を企業に提供する会社ですから、詐欺的行為ができるようなサービス自体が存在していません。

また、書き込みがあった当時は、香港BSが誕生してから1年も満たない時期であり、既存顧客も殆どいない状態でしたから、きっと悪質内容の投稿者は香港BSというメディアが立ち上がったことで案件が奪われてしまう、またはその心配があるという方による行為だと推測しています。

ビジネスは他社とのマーケットの奪い合いであると過去に勤めていた上司から教えられていましたので、新参者の香港BSがビジネスマーケットを奪えば邪魔者扱いをされるととは想定をしていましたが、さすがにYahoo知恵袋を使っての事実無根の投稿はルール違反では?というのが本音ではあります。。。

この悪質な書き込みがされた当時は、特にお客様に最適なサービスを提供することをミッションとして慎重かつ丁寧にサービスを提供していた時期であったからこそ、とても心外な嫌がらせ。とても悔しいですが投稿への対処については上司に任せて、私たちはお客様にもっと品質の高いサービスを提供できるよう努力します。

2016.01.08

日本料理「料理人上田(UEDA)」中環(セントラル)

料理人上田

香港BSの忘年会(旧正月前の年末)で、スタッフみんなでセントラルのスタンレーストリートにある「料理人上田(UEDA)」に行ってきました。

店内はモダンな感じでテラス席もありましたが、まだ肌寒い季節なので店内の席へ。メニューを見てあれこれ悩みながらも1人580香港ドルのおまかせ懐石を注文しました。メニューには「9品」とあるだけで何が出てくるかわからず、少しドキドキ。

待つこと数分、綺麗な器に丁寧に盛り付けられた料理が1つ1つゆっくりと出てきます。雲丹(ウニ)のフレンチ風前菜、紫い物お吸い物、アナゴやマグロの刺身などなど、見た目も味も美しい。こういうのをモダン懐石と言うのでしょうか。

この日はまだ日本のお正月の余韻がある時期だったせいか「お正月セット」が出てきました。アワビ、からすみ、イワシの煮つけなど7種類の品が盛られていて、とてもゴージャス。どれも味がしっかりしていて、日本酒にとても合いそうな味でした。

モダン懐石

お酒は見た目もインパクトがある「抹茶ビール」が人気のようで、香港BSの香港人スタッフが美味しそうに飲んでました。その他にも、お料理に合う日本酒もたくさん揃っていましたよ!

抹茶ビール

食事の最後は雲丹のお粥、デザートには本格的なお抹茶をいただき、口の中をさっぱりとさせて終了。ご馳走様でした。

聞くところによると料理人の上田さんは愛媛の有名旅館で懐石料理を担当。皇太子様がいらした際にはそのお食事の担当された経験がおありだとか。皇太子様も召し上がった(かもしれない)料理を香港でいただけるとはとても贅沢な感じがしませんか?

住所(中国語):中環士丹利街11號Stanley 11號 3樓 住所(英語):3/F, Stanley 11, 11 Stanley Street, Central

OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/restaurant/central-ueda-washoku-lounge-dining/472739?region=0&s=3

香港BS K.Kより
2015.07.25

香港BSの木谷がPPWのインタビューを受けました!

当社スタッフの木谷が香港の有名情報誌「PPW(ポケットページウィークリー)」に掲載されました。

リンクこちら香港BSの木谷PPWインタビュー

PPW(ポケットページウィークリー)は香港のビジネス、生活、文化に密着した情報を提供する日本人向け有名メディアです。
香港で活躍する日本人女性と言うことで、当社木谷がインタビューを受けました。

元々、中国上海で留学をしていた木谷がなぜ香港にきたのか、実際香港で働いてみてどうなのか等を語っています。
香港が日本人にとって、そして女性にとってどんな環境なのかが少し垣間見えるかもしれません!

2015.02.13

マダムタッソー香港(蝋人形館)ザ・ピーク(The Peak)

マダム・タッソー

マダムタッソー(蝋人形館)は、日本を含む世界10ヶ国以上にあるアミューズメント施設で、香港での有名な夜景スポット「ビクトリアピーク スカイ・テラス428 香港島」があるピークタワー内にマダムタッソー(蝋人形館)があります。

館内には100体以上の本物そっくり?の蝋人形が6つのテーマに分けられて展示されており、香港の有名スターのジャッキーチェンやブルースリー、世界的スターのアンジェリーナジョリー、ブラッドピットなどの蝋人形と出会うことができます。その他にも歴史上の人物、映画内のキャラクター人物、スポーツ選手などの蝋人形も数多く展示されています。

とくに、香港映画や香港TVスターといった香港に詳しい方にとって、マダムタッソー香港(蝋人形館)は大変に魅力的な場所になるでしょう。

マダムタッソー香港(蝋人形館)へは、香港島側から「バス、タクシー、ピーク・トラム」を利用する方法が一般的です。

ピーク・トラムとは、1888年に運航開始となった歴史あるケーブルカーです。週末、土・日、祝日は観光客で込み合うことが予測されるため、時間に余裕がない方は、バスやタクシーでの移動をオススメします。

≪ マダムタッソー香港(蝋人形館)の場所と情報 ≫
時間    : 10時~22時(年中無休)
場所    : 128 Peak Road, Mid-Levels, Hong Kong(香港山頂山頂道128號)
電話番号  : 852-2849-6966
WEBサイト : http://thepeak.com.hk/jp/home.asp (日本語ページあり)

Google MAP : https://goo.gl/maps/BlnYf

ピーク・トラム駅から行く方法(所要時間:10分程度)
1.中環(Central)の「J2出口」を背に右折し道なりに進みます。
2.遮打花園(Chater Garden)を抜けると、皇后大道中に出ます。
3.横断歩道を渡り、花園道(Garden Rd)に進みます。
4.中国銀行と長江集団ビルの間を通り抜けて直進します。

5.約5分程度でピーク・トラム駅に到着します。

中環からバスを利用する方法(所要時間:15分程度)
中環スターフェリー乗り場「5」の前から「15番」のバスに乗り終点まで。

エクスチェンジ・スクエア(交易広場)からも乗車可能です。

タクシーを利用する場合

ドライバーへ「香港山頂山頂道128號」を見せてください。

2015.02.11

オーシャンパーク(OceanPark)アバディーン(香港仔)

オーシャンパーク

香港島のアバディーンに位置する、1977年誕生のオーシャンパーク(OceanPark)は、香港ディズニーランドに並ぶ最も有名なテーマパークであり、87万平方メートルの広大な敷地内で、動物園、水族館、遊園地、各種ショーなどを楽しむことができます。

オーシャンパークは大きく「ウォーターフロントエリア(Waterfront)とサミットエリア(Summit)」に分かれ、それぞれで異なるアトラクションが楽しめます。

オーシャンパーク ウォーターフロント

ウォーターフロントエリアには、魚たちに出会える「アクアシティ」、動物たちに出会える「アメイジングアジアンアニマルズ」、お子様向けの「ウィスキーズハーバー」と更に分かれています。

アクアシティには世界最大級(直径5.5メートル)の水族館ドームがあり、香港内で最も有名な水族館として知られています。館内には幅13メートルの巨大水槽もあり、400種類以上5000匹の魚たちに出会えます。

アメイジングアジアンアニマルズは、香港で唯一「パンダ」が見られる施設です。休日や祝日はパンダを一目見るために長蛇の列ができるので、早目に訪れることをおすすめします。パンダ以外にもレッサーパンダ、カワウソ、野鳥、ヨウスコウワニなどの貴重な動物を見ることもできます。

ウィスキーズハーバーは、子供向けのアトラクションや子供たちが走り回ることができるキッズスペースがあります。小さなお子様連れの方におすすめです。

オーシャンパーク サミット

サミットエリアへは、ウォーターフロントからケーブルカー、もしくはオーシャン・エクスプレス(電車)での移動が必須ですが、当サイトからは周辺地域、海、オーシャンパークの全体を眺めながら移動できるケーブルカーをおすすめ。

サミットエリアでは遊園地やイルカショーなどを楽しむことができます。遊園地はジェットコースター、フリーフォール、バイキングなどの絶叫マシーンが中心ですので、小さなお子様には不向きかもしれません。

そして、オーシャンシアターで開催されているパワフルな「イルカやアシカショー」は大人気です!アシカとイルカによる様々な演出を楽しむことができます。休日・祝日は大変込み合うので、前方でショーを見たい方は早目に会場に到着するようにしてください。

その他、遊園地やショー以外にも、北極と南極に生息する、皇帝ペンギン、北極キツネ、太平洋セイウチ、を見られる施設(ポーラアドベンチャー)もあります。

オーシャンパークのチケットはオーシャンパークの入り口以外にも香港のセブンイレブン、MTR金鐘駅(B出口)、629番のバス乗り場でも購入することが可能です。最新情報はオーシャンパークのホームページにてご確認ください。(2015年2月現在では日本語ページはありません。)

≪ オーシャンパーク(OceanPark)への基本的な行き方 ≫

香港島方面の方

中環フェリー乗り場またはMTR金鐘駅から「City Bus(城巴) 629番」に乗り約25分。

カオルーン方面の方

Kowloon Motor Bus(九巴)170 / 171番に乗るとオーシャンパークに到着します。

場所 : Ocean Park, Aberdeen, Hong Kong (香港仔海洋公園)
WEBサイト : http://www.oceanpark.com.hk/html/en/home/
電話 : (852)3923 2323
地図 : https://goo.gl/maps/jL7kc
2015.01.13

ノアの箱舟(ノアズアーク)マーワン(馬湾)

ノアの箱舟(ノアズアーク)

旧約聖書の創世記に登場するノアの箱舟を実物大のレプリカで再現したのが、香港のマーワン(馬湾)にあるアミューズメント施設「ノアの箱舟(ノアズアーク)」です。

ノアの箱舟(ノアズアーク)

ノアの箱舟の屋外施設には、沢山の動物造形物がみられる公園や、スポーツ・アドベンチャー体験ができるアウトドア施設が充実しています。室内に入ると、お魚や爬虫類などの生き物がみられる小規模動物園や、歴史や自然災害などを学べる施設があります。

小さなお子様のためのキッズスペースやレストランもありますので、お子様をお連れの方でも気軽に訪れることのできる最適なアミューズメント施設といえます。

更に、ノアの箱舟の正面入り口を出てると馬灣公園(マーワン公園)があります。馬灣公園の中にはソーラータワーへ続くゲートがあり、草や花などを楽しみながら山道をあるくことや、施設内に入ると、宇宙、地球、科学などの学びを体験できる教育施設があります。小学生~中学生向きですので小さなお子様には不向きかもしれません。なお、ソーラータワー内に入るにはノアの箱舟のチケットが必要となりますので、チケットは無くさないようにご注意ください。

その他、宿泊施設や結婚式や会議などで利用できるレンタルスペースもあります。宿泊施設は、1名から2名で泊まることのできるダブルベッドルームやツインベッドルームだけでなく、最大10名までの団体客が宿泊できる大型のお部屋も用意されています。レンタルスペースにおいては、25名から収容できる小規模スペースや600人までもが収容できる大型スペースまでの用意がありますので、ご利用用途に合わせて選択いただけます。

ノアの箱舟の営業時間は10時から18時までですが、各施設の最終エントリー時間は17時~17時45分まで(施設によって異なる)となりますのでご注意ください。ホテルは24時間営業しています。

季節のイベントなども充実しています!詳細はノアの箱舟のホームページをご覧ください。

≪ ノアの箱舟(ノアズアーク)への基本的な行き方 ≫

セントラル方面の方

セントラルフェリー2番からPark Island(珀麗灣)行きに乗り約25分。

カオルーン方面の方
1.MTR 西鐡(紫の線)の荃湾西駅(Tsuen Wan West)で下車。

2.側のフェリー乗り場からPark Island(珀麗灣) 行きに乗り約15分。

場所 : 33 Pak Yan Road, Ma Wan, New Territories (新界馬灣珀欣路33號)
WEBサイト : ノアの箱舟 馬灣公園
地図 : https://goo.gl/maps/bQFKG