2016.07.25

香港の新聞社を比較!東方日報と蘋果日報(1/4)

香港には日本と同様、いくつかの新聞社が存在します。新聞社によってそれぞれ思想が違っているため、同じニュースで全く違った印象を受けることもあります。中国語の新聞を読まない方にはあまり興味のない話かもしれませんが、もし日本語の記事で引用元が書かれていたら是非チェックしてみてください。ニュースの見方が少し変わるかもしれません。

1 .東方日報(http://orientaldaily.on.cc/

東方日報(オリエンタルデイリー)は馬惜如、馬惜珍兄弟によって 1969 年に創刊された。
有料新聞としては香港一の発行部数を誇る。( 2013 年発行部数: 50万部 /1 日)

政治思想は親中派、主なライバルは香港の民主化を進める「蘋果日報(アップルデイリー)」と言われる。

~創業者うんちく~
馬兄弟は元々、台湾国民党と良好な関係を持っており「右派(民主派)」と見なされていた。また香港が英国植民地時代は英国政府とも良好な関係を築いていた。
香港の中国返還以降、親中派に変更。現役員は中国政府組織の 1 つである中国人民政治協議会メンバーを務めた経歴を持つなど関係は深い。

因みに弟の馬惜珍はアヘンを大量に密輸入していたいことで禁固 30 年が言い渡されたが台湾へ逃亡したことで有名な人物。

東方日報

2 .蘋果日報(http://hk.apple.nextmedia.com/

蘋果日報(アップルデイリー)は黎智英(ジミー・ライ)氏によって 1995 年に創刊された。

販売当初は通常価格の半分以下の価格で販売したり、 1 面トップに大きな写真を掲載するなど今までの新聞にはない手法を用い、多くの購買者を獲得、東方日報に次ぐ 30 万の発行部数をを誇った。それにより、今まであった新聞数社が廃刊に追い込まれた。

政治思想は民主派で、香港普通選挙を支持、その一方で香港政府や中国共産党の態度を一貫して非難している。発行部数が非常に減少( 15 万部/1 日)している理由に、広告スポンサーの減少が影響あるのではないかと言われている。蘋果日報に広告を掲載する企業は反共産党思想であると見なされる可能性があるので、それを恐れて掲載しないとのことである。

~創業者うんちく~

黎智英は広東省順徳出身、幼いころに家族と共に無一文で香港に渡った。教育は小学校までしか受けていないが、独学で英語、投資を勉強。 1981 年に香港のユニクロと呼ばれる「ジョルダーノ」を設立し財を成す。

アップルデイリー

香港の新聞社を比較!明報と星島日報(2/4)へ続く。

2016.07.25

香港の新聞社を比較!明報と星島日報(2/4)

3 .明報(http://www.mingpao.com/

明報(ミンパオ)は查良鏞氏と沈寶新氏の 2 名によって1959 年に創刊された。 香港人には信頼性の高い新聞との評価がある。香港の新聞は一般的にニュース以外に娯楽・ゴシップが多く目立つが、明報はニュース(香港ローカル、中国、国際)を中心とし、加え文学、文化、政治面についての専門コラムを扱っており、新聞媒体として「正統派」のイメージを持つ。記事に使われる用語も公平性を保っているため、学生に読ませる新聞としても有名。 2013 年の発行部数は 13万部 /1 日。 政治思想は保守主義。

明報の思想として、大中華民族としての意識、儒教思想、反戦そして保守主義を掲げている。一般的にはやや民主よりの中立派と考えられている。

~創業者うんちく~

查良鏞氏は中国浙江省出身。有名な中国歴史小説家でもあり、ペンネーム「金庸」として活躍した。彼の書いた小説はテレビドラマ、映画などにもなるほどの人気を博した。

明報

4 .星島日報(http://std.stheadline.com/

星島日報(シンタオデイリー)は華僑の富豪である胡文虎によって 1938 年に創刊された。
創刊当初は中国国民党(孫文が結党)と中華民国政府(台湾の前身)を支持、 1988 年から4 年間、台湾の年号である「民国」を新聞の日付に使うほどであった。またイギリスの香港統治時代は香港イギリス政府も同時に支持していた。しかし中国へ返還されて以降、親中派となった。

星島日報は広東語フリーペーパー「頭條日報(ヘッドラインデイリー)( 85 万部/1 日 /2015年)」と英語フリーペーパー「 The Standard 」(22 万部 /1 日/2013 年)を発行しており、広東語及び英語部門でそれぞれ発行部数が 1 位となっている。香港以外にもヨーロッパ、アメリカ、カナダでも発行している。

~創業者うんちく~

胡文虎は 1882 年にミャンマーで生まれる。タイガーバームの創設者。

星島デイリー

香港の新聞社を比較!明報と星島日報(3/4)へ続く。

2016.07.25

香港の新聞社を比較!成報と香港経済日報(3/4)

5.成報(http://www.singpao.com.hk/

成報(シンパオ)は 1939年にわずか24 歳の何文法を中心に計 6名によって創刊された。

当初はニュースだけでなく文化や娯楽面を充実した内容となっており、創刊後わずか半年で香港一の発行部数を誇る新聞となった。第二次世界大戦中は発行を中止していたが、戦後すぐに復活。その後も香港 1.2位を争う発行部数を保っていたが、新聞市場の激変、創設者の何文法の逝去などにより発行部数は激減し、 2015年8月6日には一時停刊するなど騒ぎが起きた。しかし停刊20日後には復活、現在も新聞を発行している。

成報は創刊当初は思想的には中立を保っていたが、現在では親中派と言われる。

~創業者うんちく~
何文法は香港新聞業界の発展を語るに外せない人物として有名。また競馬が好きで、一時は 20頭以上の競走馬を保有する馬主だった。

親中派新聞

6.香港経済日報(http://www.hket.com/eti/

香港経済日報(香港エコノミックタイムズ)は 1988年に馮紹波氏らによって創刊された新しい新聞。
主に香港経済を取り扱っており、その記事の切り口は専門的との評価がある。金融以外にも中国及び国際時事ネタ、社会、ビジネス、不動産やライフスタイルなど幅広い情報を取り扱っている。

97年のアジア金融危機の時は政府に市場介入を行うよう求めたり、 2006年に香港政府が消費税導入に関して言及した際、激しい反対表明を行ったりしている。思想としては穏健民主派。

香港経済新聞

香港の新聞社を比較!文匯報、大公報と大紀元時報(4/4)へ続く。

2016.07.25

香港の新聞社を比較!文匯報、大公報と大紀元時報(4/4)

7.文匯報(http://www.wenweipo.com/

文匯報 (ウェンフイポー)は 1948年に創刊された。

前身は 1939 年に上海で創刊された文匯報。第二次世界大戦(抗日戦争)後、中国国民党に強く不満を抱いた上海文匯報は中国共産党を支持したため、中国国民党の圧力により 1947 年に停刊となった。上海文匯報 の有名記者であった徐鑄成を始めとした人達と香港にいた親共産党の人物を中心に香港文匯報創刊された。

現在、香港文匯報は中国共産党宣伝部と密接な関係があると言われ、中国国内で流す香港関連するニュースは主に「文匯報」から引用されている。記事内容は親中派の色が濃いため、香港では信頼度が低いメディアと評価されいてる。香港文匯報は香港以外にも、中国・東南アジア各地でも発行されており、全体を合わせると一日の数量は 40 万部と言われている。

~創業者うんちく~

徐鑄成は他人の履歴を使って清華大学(日本でいう東京大学にあたる)に入学したがすぐにバレてしまい、その後北京師範大学へ入学した。卒業後しばらくして政治記者となり、頭角を現す。

共産党と密接な関係

8.大公報(http://www.takungpao.com.hk/

大公報( Ta Kung Pao )は1949 年に中国政府によって創刊された。

前身は 1902 年に天津で発行された「大公報」となり中国で最も歴史ある新聞メディアである。中国共産党寄りである、ニュース内容が政治色が濃いとの理由で、香港では文匯報と同様に信頼度が低いメディアとなっている。

香港人に信頼度が低い

9.大紀元時報(http://www.epochtimes.com/b5/

大紀元時報(ザ・エポックタイムズ)は 2000 年にニューヨークにて法輪功メンバーに創刊された。

新聞は、アメリカ、香港、日本、台湾、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど 30 を超える国と地域で発行されており、全世界における発行部数は 130 万部/1 週間と言われる( 2012 年大紀元発表)。

思想としては「 Universal Values (多くの人が持つ価値観、普遍的な価値観)」をあげている。

記事は、中国大陸の弱者層の立場に立ち内容が中心となり、家を強制撤去された人、キリスト教や法輪功などの宗教的理由で弱い立場にある人達の人権問題を取り上げている。国境なき記者団の発表によると、大紀元のウェブサイトは中国では政府の規制により閲覧不可となっている。

法輪功の新聞

2016.07.05

昔懐かしの香港食堂「喜喜冰室(The Match Box)」(銅鑼湾・コーズウェイベイ)

喜喜冰室

香港一の繁華街とも言われる銅鑼湾(コーズウェイベイ)にある香港スタイルの食堂「喜喜冰室(The Match Box)」。店内は60年代の内装イメージで統一されており、メニューも香港らしさ溢れる定番の物ばかり。

お店の場所は銅鑼湾駅E出口から徒歩7、8分、ビクトリア公園近くにあるおしゃれなセレクトショップやレストランが集まるエリアに位置しています。

ここのお勧めはチキンパイとグリーンピーススープ(雞批浮台)とバナナパンケーキ(香蕉班戟)のセット。飲み物付きで55香港ドルとお手頃です。

チキンパイとバナナパンケーキ

チキンパイとグリーンピーススープはパイが緑色のスープに浮いています。お店のスタッフが「ケチャップいる?」と聞いてくるので「いる」と答えると、おもむろにケチャップの容器の先がブスッとチキンパイに差し込まれ、流し込まれていきます。

チキンパイの暖かくしっかりした味、グリーンピースだけの自然な味とスープの少しヒンヤリした温度がすごくマッチして全体的に優しい味わいとなっています。ケチャップなしでも挑戦しましたが、少し物足りない感じがしましたので、個人的にはケチャップを入れてもらうことをお勧めします。

バナナパンケーキは2枚のパンケーキの上にバナナたっぷりのソースにナッツが乗った甘いデザートです。手作り感があってしつこくない甘さはあっという間に平らげてしまいます。最近はソフトクリームはついてないこともあるようです。

その他にも厚さが2センチくらいあるバタートースト(法蘭西多士)34香港ドル、豚肉のトマト煮込みご飯(番茄焗豬飯)65香港ドルなど、香港人の定番おやつから食事まで何でもそろっています。

香港旅行に来た友達との食事にも使える、香港BSスタッフお勧めのスポットです!一度訪れてみてください。

≪喜喜冰室(The Match Box)の場所と情報 ≫
住所(中国語):銅鑼灣Fashion Walk加寧街8號地下2B舖
住所(英語):Shop 2B, G/F, 8 Cleveland Street, Fashion Walk, Causeway Bay
OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/r-the-match-box-causeway-bay-hong-kong-style-r41969

香港BS K.Kより

2016.06.23

日本料理「WIRED green」尖沙咀(チムサーチョイ)

ワイアードグリーン

尖沙咀(チムサーチョイ)のショッピングモールK11の日本食レストラン「WIRED green」にランチに行ってきました。

日本でWIRED CAFEなど約100店舗を展開し、香港でもWIRED CAFE2店舗やROSIE’S CAFEを展開するCAFE COMPANYが昨年末にオープンした新店舗で、カフェではなく本格的な日本食が食べられるとのことで気になっていました。

場所はK11の地下で、MTRの駅と直結するフロアになります。

内装は日本の和を連想させるような作りで、かつモダンな感じなのでオシャレかつ落ち着きます。とてもオープンな作りになっていて開放的ですが、時間帯によっては駅からの通行人が気になりそうです。

本日注文したのは、冷やし中華と稲荷ずしのセット。90香港ドルで食後のドリンク付きです。

冷やし中華

日本人の和食職人が監修しているだけあって、上品な味付けとなっています。 尖沙咀エリアのランチメニューでは若干高めかなと思いましたが、 食材にこだわりを感じました。 プリプリの海老もぜいたくについてきて、香港で食べられる冷やし中華の中でもトップクラスだと思います。

ランチメニューの一部は毎月変わるみたいで、頻繁に訪れても飽きないのもオススメです。

これは1ヶ月ほど前に来た時に注文したラーメンとチキン南蛮。

ラーメンとチキン南蛮

このラーメンもかなりおすすめです。普段ラーメン屋に行くとつい味の濃いものを好んで食べてしまうのですが、ここのラーメンは自然派な感じがして食材そのものの味が活かされていると感じました。店員さんに聞いてみると、チャーシューや卵など具材は自家製で、スープも化学調味料無添加のオリジナルスープとのこと。

ホームページによると、 香港「MIST」でミシュランの星を、また東京の「播磨坂もりずみ」でビブグルマンを2年連続で獲得したシェフ森住康二氏による豚骨・正油・塩麹ベースの “WIRED greenオリジナルらぁ麺” のようです。

美味しいラーメンを食べたいときはラーメン専門店を探す人が多いと思いますが、WIRED greenのラーメンは専門店にも負けないこだわりとなっています。また、スープはすべて化学調味料無添加のようなので、脂っこいラーメンに飽きた方には特におすすめです!

ディナータイムはアラカルトで寿司刺身、おつまみ、定食、炊き込みご飯など幅広いメニューを取り揃えているようなので、普通の居酒屋とは一味違った雰囲気で利用できそうです。

≪ WIRED green(ワイアードグリーン)の場所と情報 ≫
住所(中国語):尖沙咀河内道18號K11地庫二層B233舖
住所(英語):Shop B233, Basement 2, K11, No. 18 Hanoi Road, Tsim Sha Tsui
OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/r-wired-green-tsim-sha-tsui-japanese-r480964

香港BS T.Kより

2016.06.06

香港の大自然の中にある飲茶屋「端記茶楼(Duen Kee Chinese Restaurant)」(荃灣・ツェンワン)

田舎の飲茶

大都会のイメージが強い香港ですが、実は何気に大自然が多くあります。今回紹介するのは香港の田舎としても知られる川龍村の「端記茶楼(Duen Kee Chinese Restaurant)」です!

実はここ、香港に住む一部の日本人の間でも「美味しい飲茶屋」として知られているのですが、その他にも「行き方が不明」なローカルレストランとしても有名なのです。

確かに行き方は少し複雑なので香港BSのK.Kができる限り分かりやすくご案内します。

まず、MTR荃灣(ツェンワン)駅で下車し、B1出口から荃灣川龍街(Chuen Lung St)へ徒歩で向かいます。ここから「川龍村」行きの緑のミニバス80番に乗り、終点の「川龍村」で降りてください。

川龍村ミニバス

川龍村に降りてからは、人の流れに沿って集落の方向に1分程歩けば、駐車場に車が止まっていたり人の声が聞こえたりするので、そこが端記茶楼(Duen Kee Chinese Restaurant)です。

川龍村にはレストランが2~3店舗程度ありますが、端記茶楼は一番人気で、2階建て100席以上の大型レストランなので、雰囲気だけでもここだ!と分かるはず。分からなかったら最下部にご案内するOPEN RICEもご参考ください。

そして、このお店はメニューが一切ないのも特徴的。自分で好みのものを取りに行くというスタイルです。有名食べ物は「クレソン炒め」。実はここのクレソン、お店の裏にあるクレソン畑から毎日収穫されており、新鮮なんです!油で炒めただけですが風味が良く、美味しい!

クレソン炒め

その他にもえび餃子、あげ春巻き、タコのフライ等、どれも美味しいので是非挑戦してください!香港デザートの馬拉糕(香港蒸しパン)や連蓉西米角(蓮の実のあんこのタピオカ餅)も絶品でした。

春巻き

お腹いっぱい食べても、一人あたり70~80香港ドルで済み、激安ですが、取り皿やソースは自分で取ること、鳥を飼っている人が鳥かごを持ってここに集まるので、鳥の声が少しやかましくもありますが、香港文化をまさに体験できる場所とも言っても過言ではありません。ご飯を食べ終わった後は、お店の裏路地に入ると見えるクレソン畑も是非見に行ってください。

香港スイーツ

あと一つ、大切な事をお伝え忘れていました。こちらを訪れる場合は朝早めに行ってください。お昼近くになると売り切れ続出で料理の種類が少ないそうです。

≪ 端記茶楼(Duen Kee Chinese Restaurant)の場所と情報 ≫
住所(中国語):荃灣荃錦公路川龍村57-58號
住所(英語):57-58 Chuen Lung Estate, Route Twisk, Tsuen Wan

OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/r-duen-kee-chinese-restaurant-tsuen-wan-guangdong-dim-sum-r670

香港BS K.Kより

2016.05.18

発音で意味が異なる広東語「スプーン」と「紙ナプキン」

中国語(広東語・北京語)には発音が異なるだけで全く違う意味として相手に伝わってしまう言葉があります。

そして、私が最近戸惑った広東語、「スプーン」と「紙ナプキン」。

スプーンは広東語で、「匙羹(チーガン/ci2 gang1)」。紙ナプキンは広東語で、「紙巾(ジーガン/zi2 gan1)」となり、この2つはカタカナ読みが似ているだけではなく、イントネーションが全くおなじという厄介な言葉。おそらく広東語ができる日本人でも、殆どが聞き分けられないはず!

先日、セブンイレブンで日本のプリンを購入した時のこと。。。

普段はレジ近くにあるスプーンがその日に限って無かったのでスプーンを下さいと伝えようとしたところ、困っていた私に気づいた店員さんが、他の店員さんに向かって「スプーン(匙羹)がないよ!」と親切に指示をしてくれました。

はいよ!と威勢よくスプーンを取り出してきた店員さんでしたが、手にとっていたのは、大量の紙ナプキン(紙巾)。

そしてスプーンを取って!と指示をした店員さんは、「そっちじゃねー!!スプーン(匙羹)だよ!」と香港スタイルの強烈な突っ込みで、なんとか私の手元にスプーンが届きました。

デザートにプリン

香港人は聞き分けているんだろうなと思っていた、「スプーン」と「紙ナプキン」でしたが、以外にも香港人でも聞き間違えてることがわかり、外国語は仮に伝わらなくても間違いを恐れずにどんどん話していくことが大切だなと感じた大切な一日となりました。

因みに北京語ではスプーンを 「羹gēng匙chí(ゲンチー)」または「調tiɑ́o羹gēng(ティアオゲン)」と言い、紙ナプキンは「紙zhi3 巾jin1 (ジーチン)」と言います。

香港BS K.Kより

2016.05.12

緑に囲まれたカフェ「OVO Cafe(オーヴォカフェ)」湾仔(ワンチャイ)

OVO Cafe

香港の湾仔(ワンチャイ)に、植物に囲まれた都会のオアシスとも言えるカフェ「OVO Cafe(オーヴォカフェ)」があるのをご存知でしょうか?湾仔街市(マーケット)の側と少し分かりづらい場所に位置しています。

最寄りの駅は湾仔MTRのA3出口から徒歩10分くらい。A3出口を出て湾仔の路上マーケットを抜けると皇后大道東(Queen’s Road East)へ出ます。そこから銅鑼湾(コースウェイベイ)方向に歩いて行くと到着します。

カフェが入っている建物はかつての湾仔街市(マーケット)だったため、一見そっけない感じがするビルですが、階段を上っていくと右手に突如、緑に溢れたディスプレイが目に飛び込んできます。湾仔のカフェは花屋(OVO Garden)が隣接しているため店内が緑がいっぱい。更にテーブル、いすなどの家具は全て木製で統一されているため、まるで自然の中にあるカフェのような雰囲気になっています。

カフェラテ

今回、注文したメニューはAll day Green Breakfast(イギリス式朝食/118香港ドル、ホットドリンク付き)とほうれん草とスイスチーズがたっぷりのフォカッチャ(52香港ドル、ドリンク無し)です。どちらも野菜たっぷり、味はしっかりしているけれど濃すぎない感じ。OVO Cafeは実はベジタリアンメニューなので肉、ソーセージなどが入っていません。けれど卵やチーズがたっぷり入っているのでボリューム満点、満腹感もしっかりと得られ、男性でも満足できます。1人あたり大体60~120香港ドルくらいが目安です。

フォカッチャ

カフェは室内にありますが、緑に囲まれた明るい空間はまるで天気の良い郊外にいるようです。香港BSの女性スタッフは手軽なリフレッシュ方法としてこの店を使っています。気分が晴れない、都会の喧騒を逃れたい方は一度試してみてはいかがでしょうか?

OVO香港 ≪ OVO Cafe(オーヴォカフェ)の場所と情報 ≫
住所(中国語):灣仔灣仔道1號地下
住所(英語):G/F 1 Wanchai Road (inside Old Wanchai Market), Wan Chai
OPEN RICE:http://www.openrice.com/zh/hongkong/r-ovocafe-%E7%81%A3%E4%BB%94-%E8%A5%BF%E5%BC%8F-all-day-breakfast-r169508

香港BS K.Kより

2016.05.06

日本料理「兎に角(とにかく)」尖東(チムトン)

兎に角(とにかく)TOYO MALL

香港でランチに豚生姜焼き定食が食べたくなったらここがおすすめです。

2016年6月まで、日本料理の「兎に角(とにかく)」は、MTR尖東(チムトン、イーストチムサーチョイ)のP2出口から徒歩5分ぐらいの広場にあるTOYO MALL(尖東廣場)というショッピングセンターの2階にあります。

会社のランチタイムによく訪れているのですが、現在のお店の場所は土地の立ち退きの関係で移動が決まっているようなので、移転次第新しい住所をアップしたいと思います。

兎に角入口

私はお昼時にしか行ったことがありませんが、日本人のお客さんが多くていつもにぎわっています。

豚しょうが焼き定食

豚生姜焼き定食を注文しました。

メインの豚生姜焼きに加えて、みそ汁、茶碗蒸し、サラダ、 漬物、さらに小鉢で肉じゃがやホウレン草のおひたしなど日本人には嬉しい組み合わせが目白押しです。

ランチタイムで75ドルぐらいで、香港でこの値段だとかなり充実しているほうだと思います。健康にもやさしげです。

食後にはデザートもついてきます。なかなかサッパリしたゼリーで食後にぴったりです。

ところで、香港人スタッフに「兎に角」ってどうゆう意味か聞かれたので、「anyway」みたいな感じだと答えたんですが、なんでウサギにツノでanywayという意味になるのか、聞かれて、まったくわかりませんでした。日本では昔から使われている当て字だと思いますが、どうゆう由来なのでしょうか。

≪ 兎に角(とにかく)の場所と情報 ≫
住所(中国語):尖沙咀加連威老道94 號明輝中心1樓 108-109號舖
住所(英語):Shop 108-109, Inter-Continental Plaza, 94 Granville Road, Tsim Sha Tsui
OPEN RICE:http://www.openrice.com/en/hongkong/restaurant/tsim-sha-tsui

香港BS T.Kより

1 / 612345...最後 »
メールアドレス